高血圧に効くDHA・EPAの効果を解説

高血圧にも効果のあるDHA・EPAの血液サラサラ効果

高血圧というのは、動脈の血管壁にかかる血液の圧力が高いこと。

高血圧の基準となる数値がころころ変わることもあって根拠があるのかないのか正直わからないところもありますが、今のところ、日本では最高血圧が140mmHg以上、 最低血圧が90mmHg以上の場合は高血圧ということになります。

高血圧になるとほとんどの場合、動脈硬化も始まっています。動脈硬化がはじまっているから高血圧になっていると考えてもいいぐらいです。 というのも血管が硬くなり、柔軟性がない状態では血流が悪くなるため、血液を送り出す圧力を上げざるを得なくなって高血圧になるからです。

何も塩分の摂り過ぎだけが高血圧の原因ではないんですね。

そのため高血圧には血管の柔軟性を保ち、血液中の脂質バランスを調整してサラサラにしてくれるDHA・EPAといったオメガ3脂肪酸が非常に有効です。 DHA・EPAといったオメガ3系脂肪酸の血液サラサラ効果は実は高血圧対策にもなります。

血中脂質のバランスを整えるDHA・EPAの効果が高血圧にいい!

DHA・EPAといったオメガ3系列の脂肪酸が不足してしまうと、赤血球が硬くなって末梢の毛細血管まで血液を行き届かなくなることや 血中のコレステロールや中性脂肪が増えて、血管壁に血小板が付着しやすくなり、血管が狭まって血流が悪くなります。

この影響として心臓ポンプの圧力が高まり、血圧が上がってしまうわけです。

これに対して、DHA・EPAはそれぞれ、

・DHA・・・コレステロールを下げる・血管の老化を防ぐ・赤血球を柔らかくする
・EPA・・・中性脂肪を下げる・赤血球をやわらかくする

という効果が実験で確認されています。

DHAについては赤血球を柔らかくするだけでなく、毛細血管そのものの柔軟性も高めてくれることが実験でわかっていますし、 EPAも血中のEPA濃度が低いと血液粘度が高まって血液がドロドロになり、血栓ができやすくなることがわかっています。

DHA・EPAといったオメガ3系の脂肪酸によって血中の脂質バランスを整えてあげれば、血管も元の健康な状態に戻り、動脈硬化を防いでくれるばかりでなく、 血流が改善されて心臓にかかる負担も減らせるので血圧も下がるというわけです。

DHA・EPAを積極的に摂取して高血圧と動脈硬化を防ぐ

そもそもDHAやEPAが不足して血中のコレステロールや中性脂肪が増えてしまうのは食生活に原因があります。具体的にいうと食事から摂取している脂肪酸のバランスが悪いということで、 今の日本人はDHA・EPAといったオメガ3系の脂肪酸が不足しており、血液ドロドロの原因にもなるリノール酸を摂り過ぎているということです。

今の日本では意識して積極的に魚を食べないとDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸の必要量は摂取できません。しかし、リノール酸を多く含んでいる食品はマーガリン、マヨネーズ、スナック菓子 インスタント食品等、数多くあり、意識して減らさないと過剰摂取になってしまうという状態です。ほとんどの人は脂肪酸に注目して毎日の献立を考えるということはないと思うので気づいたときにはリノール酸過剰になってしまっているわけです。

DHA・EPAが不足してリノール酸過剰になっていないかどうかは血液検査をすれば一目瞭然です。血中の脂質(コレステロールや中性脂肪)の数値が高いということでもわかりますし、 「アラキドン酸(AA)/EPA」の比率がおかしくなっていますので。

お医者さんにも指導されますが、とにかく動物性脂質とリノール酸を減らして意識してDHA・EPAのオメガ3脂肪酸を摂取するようにしてください。それには季節にあわせて旬の青魚を食べるのが一番です。 ポイントは養殖ものより天然もの、川魚より海魚、脂がのったものということです。

【春】 イワシ カツオ マダイ
【夏】 クロダイ イシダイ
【秋】 サバ サンマ サケ
【冬】 ブリ ヒラメ シシャモ ホッケ

DHA・EPAのサプリメントはどうしても魚が食べられないという人だけのものです。1日1000rといわれる必要摂取量は魚だけで十分摂取できます。

今注目されている第3のオメガ3脂肪酸、DPAについてはこちらで→DPAの魅力〜DHA&EPAに次ぐ第3のオメガ3系脂肪酸を解説!

サイトMENU

サイトMENU

Copyright (C) 2012 高血圧に効くDHA・EPAの効果を解説. All Rights Reserved.